日本橋 耳鼻咽喉科 花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック|花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は14:45~18:30。休診日:木曜・土曜午後、日曜・祝日

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックは東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋駅」より徒歩1分

03-3242-3387

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックでは、最新の医療機器を使い、わかりやすく丁寧な診療を行います。

インターネットで診察状況を確認できます

よくあるご質問はこちら

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの問診票ダウンロード
事前にご記入いただきますと受付をスムーズに行うことが出来ます。
大河原大次院長の耳・鼻・喉のコラム
痰(たん)は病気のサイン?
耳のしくみと役割
慢性副鼻腔炎とは?
鼻から臭いがする
頻繁な鼻血。病気?
鼻血の対処法
鼻血の応急処置
耳掃除は毎日必要?
花粉症について
補聴器について
若者に多い難聴
突発性難聴
発症後1週間以内に受診を
突発性難聴
突発性難聴Q&A
低音障害型感音難聴
音響外傷(ヘッドホン難聴)
隠れ難聴
滲出性中耳炎Q&A
鼻中隔弯曲症Q&A
繰り返す扁桃炎、手術が必要?

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックのメディア掲載情報

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックは予約制ではありません。受付順での診察となりますので受付時間内にお越しください。

クリニックからのお知らせ

12/28(金)の診療受付は17:30までとさせていただきます 
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いします。
12/29(土)~1/6(日)は年末年始休診とさせていただきます 
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いします。
診療助手(パート)を募集しております
現在診療助手(パート)を募集しております。学生さんの応募も可能です。
スタッフ募集の詳細はこちらからご覧ください
インフルエンザ予防接種を実施しております
予防接種の詳細はこちらをご覧ください
各種検査のご案内 
当クリニックでは、のどの異常や難聴、めまいなど、各症状に合わせた検査を行っております。
医師と一緒に画像をみていただき、説明を受けていただけます。検査結果は当日お渡しできますので、気になる症状がある場合にはぜひ検査を受けましょう。
各種検査のご案内はこちらから
インターネットで診察状況を確認していただけます
当クリニックでは、インターネットで診察状況の確認をしていただけるようになりました。
現在お待ちいただいている人数、呼出し済みの受付番号の確認もしていただけますので、是非ご活用ください。
※診察受付、予約はできませんので、ご注意ください。
受付は直接来院していただくようお願いいたします。
インターネットでの診療状況確認はこちらから
クリニックの近隣保険薬局をご案内しております
詳しくはこちらからご覧ください

メディア掲載情報

院長が笑顔2018年10月号の記事を監修しました 
8歳の娘。ハウスダストによるアレルギー性鼻炎と診断されました。
完治させる方法はありますか
詳細はこちらからご覧いただけます
ジャストヘルス2018年9-10月号に院長の監修記事が掲載されました 
低音障害型感音性難聴とは?
再発時の注意点は?
詳細はこちらからご覧いただけます
メトロポリターナ metropolitana 2018年2月号に院長の監修記事が掲載されました
働くオンナの救Q箱「花粉症がつらすぎる!」
詳細はこちらからご覧いただけます

メディア掲載情報一覧へ

医療に対する考え方

めりはりのある治療
迅速で的確な診断・治療を行います。手術が必要な場合も院長が提携施設で執刀し、術後までトータル医療を行います。

詳細はこちら

インフォームドコンセント-説明と同意-
患者さんには、言葉の説明だけでなく、モニター画像を通じて実際に患部を見ていただき、治療に対する理解を高めます。

詳細はこちら

様々なニーズ
同じ病気も患者さんによって症状や治療効果は異なります。患者さんに合った治療法を患者さんと一緒に決めていきます。

詳細はこちら

日本医科大学、伊勢崎市民病院、神尾記念病院にて約20年間、教育、臨床、研究を行いました。
特に、神尾記念病院では、耳鼻咽喉科専門病院副院長として、高度最新治療を実践。

こんな症状にご注意ください

ストレスからの満潮、耳鳴り、めまいに注意!
耳がふさがった感じがする、耳鳴りがする、何となくふらふらする
こんな症状は実は難聴やめまいが原因になっている事があります。早い時期の治療が必要な病気も多く、あまり様子を見ないできちんと診断を受け、治療をされる事をお勧めいたします。
目で見える病気の状態
耳・鼻・のどの中は外からは見えません。場合によっては怖い病気が隠れている可能性もあります。患者さんに実際の状態を見ていただくことが病気の理解に大切だと考えます。当院では、最新の医療機器で実際に状態を見ながらご説明いたします。
詳細はこちら

診療風景