日本橋 耳鼻咽喉科 花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック|花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は14:45~18:30。休診日:木曜・土曜午後、日曜・祝日

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックは東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋駅」より徒歩1分

03-3242-3387

よくあるご質問はこちら

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの問診票ダウンロード
事前にご記入いただきますと受付をスムーズに行うことが出来ます。
大河原大次院長の耳・鼻・喉のコラム
痰(たん)は病気のサイン?
耳のしくみと役割
慢性副鼻腔炎とは?
鼻から臭いがする
頻繁な鼻血。病気?
鼻血の対処法
耳掃除は毎日必要?
花粉症について
補聴器について
若者に多い難聴
突発性難聴
突発性難聴Q&A
低音障害型感音難聴
音響外傷(ヘッドホン難聴)
滲出性中耳炎Q&A
鼻中隔弯曲症Q&A
繰り返す扁桃炎、手術が必要?

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックのメディア掲載情報

繰り返す扁桃炎、手術が必要?

扁桃炎を繰り返す5歳の息子。
手術で扁桃腺をとったほうがよいのか教えてください
扁桃炎を繰り返す5歳の息子。ここ半年は1か月に1回ほど発症し、3~5日は高熱が出て、物が食べられなくなります。
手術で扁桃腺をとったほうがよいのでしょうか?
(宮城県 31歳 女性)
炎症を繰り返す場合、手術が必要となる場合があります
まずは専門医とよく相談してください
扁桃炎は大人にもおこりますが子どもに多く、正確には「口蓋扁桃炎」という病気です。

実は扁桃腺はひとつではなく、口の周りを取り囲むように、耳管扁桃、咽頭扁桃(アデノイド)、舌根扁桃、そして口蓋扁桃と4つ存在します。
もともと扁桃は、細菌やウイルスから体を守る大切な免疫機能を担うリンパ球という血液の一種をつくっている臓器です。

扁桃炎が薬ではなかなか改善せず、炎症を繰り返す場合は、手術で口蓋扁桃をとる必要があります。
昔は抗生剤などのよい薬がなく、扁桃の働きが十分にわかっていなかったので、何でもすぐ手術でとってしまうことがありましたが、最近は手術の適応という判断基準によって手術が必要かを決めます。

4~5歳のお子さんでも手術が必要なケースは、
  • ①1年に4,5回も頻回に炎症を繰りかえす
  • ②病巣感染症といって扁桃の炎症が腎臓や心臓、または皮膚の病気に影響を及ぼす
  • ③通常から食事がとりにくく成長にも影響するような極度の扁桃の腫れがある
  • ことなどがあげられます。
手術時間は30分から1時間程度、全身麻酔なので痛みや恐怖感は少なく、また、口の中から行うので顔や首に傷がつくことはありません。
入院は1週間程度です。
また、扁桃をとることでかぜをひきやすくなったり、免疫機能が低下したりすることはありませんので、心配は不要です。

ご質問のお子さんの場合は、かなり炎症が強く、繰り返しているようなので、手術の必要性があるかもしれません。
しかし、のどの痛みや発熱が扁桃の炎症だけではないこともあるため、耳鼻咽頭科専門医とよく相談することをおすすめします。
「笑顔」、p25、こころとからだの笑顔相談室、平成29年1月10日発行 より