日本橋 耳鼻咽喉科 花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック|花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は14:45~18:30。休診日:木曜・土曜午後、日曜・祝日

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックは東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋駅」より徒歩1分

03-3242-3387

インターネットで診察状況を確認できます

よくあるご質問はこちら

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの問診票ダウンロード
事前にご記入いただきますと受付をスムーズに行うことが出来ます。
大河原大次院長の耳・鼻・喉のコラム
痰(たん)は病気のサイン?
耳のしくみと役割
慢性副鼻腔炎とは?
鼻から臭いがする
頻繁な鼻血。病気?
鼻血の対処法
鼻血の応急処置
耳掃除は毎日必要?
花粉症について
補聴器について
若者に多い難聴
突発性難聴
発症後1週間以内に受診を
突発性難聴
突発性難聴Q&A
低音障害型感音難聴
音響外傷(ヘッドホン難聴)
隠れ難聴
滲出性中耳炎Q&A
鼻中隔弯曲症Q&A
繰り返す扁桃炎、手術が必要?

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックのメディア掲載情報

のどの検査のご案内

慢性的なのどの痛み、不快感(咽頭がん・喉頭がんの疑い)

のどの違和感はけっこう気になる症状です。
痛くて我慢できない訳でなく、苦しくて日常生活に支障をきたす訳でもありませんが、何かと意識してしまう不快な症状です。
また、のどの奥は自分では見えないところですので、首から上の症状は常に気持ちが集中してしまい余計心配になってしまいます。
長い間のどに違和感があったり、痛みや不快感がある場合、一度耳鼻咽喉科を受診してのどの奥までしっかり診てもらうことをお勧めします。

症状

原因

特にたばことお酒に関しては、咽頭がん、喉頭がんのリスクを高める危険要素となっております。

検査

診察

まずは医師の診察を受けていただきます。
いつ頃から症状が出ているのか、どの程度の症状であるかなどをお聞かせください。
のどの違和感や不快感の原因を探り、必要な検査や治療を決めていきます。

のどの内視鏡:咽頭ファイバースコープ

のどを刺激しない、はなからのファイバースコープでは吐き気もなく、医師とともに画面を見ながら説明を受けていただけます。

細いファイバースコープを使用して、鼻からのどの奥を観察します。
ファイバースコープは痛みもなく、また鼻からの診察になりますので嘔吐反射(オエっという感覚)もなく安心して検査を受けていただけます。

鼻からスコープを入れる場合、喉の奥に触れないため、吐き気を感じず楽に検査が受けられます。

当クリニックでは、医師と一緒にモニターでのどの画像を確認しながら、説明を受けていただけます。
また、鼻を通しての観察のため、会話も可能です。

より精密でわかりやすい機器を使用しております

当クリニックの検査では、より鮮明に観察し正確な診断ができるビデオ鼻咽喉スコープシステム”DEFINA”を使用しています。

より細くなり、苦しさを軽減

新たなファイバースコープは管の径が細くなり、
鼻腔の狭い方でも簡単に挿入でき、検査の苦しさが軽減されています。

大きな画面で鮮明な映像

従来の機器に比べ、視野角が広くなっており、より広い範囲を観察することができます。また、カメラの解像度も高く、より鮮明な映像を見ながら検査を行えます。

画像の色や明るさの強調で、より正確な診断を

加えて、撮影したのどの奥の画像の色調を変えたり明るさを変えることができ、肉眼だけでは見つけにくい小さな病変も、強調させて発見することができます。

検査結果報告

咽頭ファイバースコープでののどの検査結果を当日中にご報告いたします。医師からの説明を受けていただき、検査時の画像をお持ち帰りいただけます。

咽頭ファイバースコープ検査の結果は検査当日にお伝えいたします。
検査で医師と一緒に見ていただいた画像をお渡しし、ご説明をいたします。また、ファイバースコープで撮影した画像もお持ち帰りいただけます。

疑われる病気

検査の結果、上記のような病気がないかを確認します。

慢性的なのどの痛みや不快感でお悩みの方は、ぜひ一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。