日本橋駅より徒歩1分の耳鼻咽喉科 東西線 銀座線 都営浅草線

医療法人社団  大恵会 日本橋大河原クリニック

インターネットで診療状況を確認する

当院は予約制ではありません

飲み会のあとに、
決まって声が出なくなるのはなぜ?

Q. 飲み会のあとに、決まって声が出なくなるのはなぜ?

A. 声帯がお酒とおしゃべりのダブルパンチを受けるから

声がかすれたら、
声帯を休ませてあげるのが第一

声がかすれたり、声が出ないという状態は、発声器官である声帯に、なんらかの異常が起こっていると考えられます。

声帯は、喉頭部にある幅2cmほどの器官。息を吐くときの圧力により振動することで、声を発します。

そのため、かぜをひく、深酒をする、おしゃべりやカラオケで歌いすぎるなどすると、炎症を起こして声が出にくくなります。

このようなときは、極力声を出さずに声帯を休ませてあげれば、やがて治ります。

なかなか治らない場合に注意

ところが、自然に治らないケースがあります。たとえば声帯ポリープです。

炎症の起きた声帯を使い続けたために、縁に小さい隆起(ポリープ)ができ、声が出しにくくなります。

また、喉頭がんの可能性も考えられます。がんの腫瘍ができることで、声帯が閉じにくくなるため、声がかすれるようになるのです。

そこで、思い当たる要因がなく、声がかすれたり、声が出ない状態が続くなら、早めに耳鼻科を受診しましょう。

ファイバースコープ検査で診断がつき、声帯ポリープなら、投薬又は簡単な手術で治ります。

喉頭がんの場合は、わずか1~2mmの大きさでも発見でき、放射線治療を行えば、約95%は完治します。

「話す」職業の人は
声帯ポリープに注意

声帯ポリープは、教師や保育士、。営業職やコールセンター勤務の人など、声を出す職業の人がなりやすい病気です。

しかし、普段から発声練習をしているプロの歌手などはポリープがあまりできません。

つまり、声を出したら、必ず休ませる時間を作ることが予防につながります。

笑顔 September 2019 第50巻第9号 保健同人社

当クリニックで検査を
受けていただけます

大河原耳鼻咽喉科クリニックでは医師と一緒に画面を見ながらのどの検査を受けていただけます。

当クリニックでのどのファイバースコープによる検査を受けていただけます。

声がでないことが一時的であれば良いですが、なかなか治らない、いつまでも声がかれているという場合には、一度検査を受けてみるようにしましょう。

のどの検査の詳細なご案内はこちらをご覧ください