日本橋 耳鼻咽喉科 花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎 のどの痛み 痰 検査

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック|花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は14:45~18:30。休診日:木曜・土曜午後、日曜・祝日

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックは東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋駅」より徒歩1分

03-3242-3387

インターネットで診察状況を確認できます

よくあるご質問はこちら

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの問診票ダウンロード
事前にご記入いただきますと受付をスムーズに行うことが出来ます。
大河原大次院長の耳・鼻・喉のコラム
痰(たん)は病気のサイン?
耳のしくみと役割
慢性副鼻腔炎とは?
鼻から臭いがする
頻繁な鼻血。病気?
鼻血の対処法
鼻血の応急処置
耳掃除は毎日必要?
花粉症について
補聴器について
若者に多い難聴
突発性難聴
発症後1週間以内に受診を
突発性難聴
突発性難聴Q&A
低音障害型感音難聴
音響外傷(ヘッドホン難聴)
隠れ難聴
滲出性中耳炎Q&A
鼻中隔弯曲症Q&A
繰り返す扁桃炎、手術が必要?

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックのメディア掲載情報

耳鳴りの裏には、難聴が隠れている!?

Q. 30代なのに、耳の中でザーザー音がして気になる

A. 年齢にかかわらず、聴覚に異常が起こっているサイン

キーン、ゴー、ザーザー、ピー・・・。

人によって感じ方はまちまちですが、耳の中で音が鳴っている状態をすべて「耳鳴り」と呼びます。

耳鳴りというと、軽くとらえがちですが、その裏に難聴が隠れている場合があります。そもそも耳の中で音が鳴るのは、内耳の「蝸牛」という聴覚をつかさどる感覚器官が正しくはたらかず、雑音として聞こえるため。

つまり、耳鳴りは聴覚に何らかの異常が起こっているサインです。

加齢とともに起こる老人性難聴は、おもに高い音が聞こえなくなりますが、日常生活には、さほど支障はありません。

一方、年齢に関係なく起こる突発性難聴は要注意です。

ある日突然、耳がふさがったような感じがして、音が聞こえなくなります。原因はまだわかっておらず1週間以内に適切な治療を行えば、完治が期待できますが、時間がたつほど、治る見込みが低くなります。

したがって、耳鳴りを自覚したら、放置しないことが肝心です。

2日間程度は様子を見て、3日目に症状が治まっていれば、一過性かもしれません。しかし、まだ症状が続いている場合は、異常と判断し、早急な耳鼻科の受診をおすすめします。

イヤホンでの音楽の聴きすぎに注意!

スマートフォンの普及に伴い、イヤホンで音楽を長時間聴く人が増えています。

それも突発性難聴のリスクの1津田と、WHO(世界保健機関)は警告しています。

身に覚えがある場合は、途中でイヤホンを外して耳を休めることが大切です。

笑顔 June 2019 第50巻第6号 保健同人社